いざという時にでも借りすぎは注意

私は普段からお金を良く使う方で、浪費も激しいほうだと自覚しています。
気をつけてはいるつもりなのですが、気が付くとお金を使いすぎているようで、お財布にお金が残りません。

それどころか給料日まえになると、残金が乏しくなってしまい、食事代にも困る有様です。
そんな時に、友人の結婚式と重なってしまい出席することになってしまいました。ダブルパンチです。

そのため、予期せぬ出費でさらにお金を用立てなければならなくなりました。
式場に着ていく洋服代、当日式で包んでわたすお祝儀代など、準備するお金は決して少なくありません。

毎月苦しい生活をしている自分に余裕があるはずもなく、金融会社でキャッシングをすることにしたのですが、私は以前に金融会社でトラブルを起こしたことがあり、融資をしてもらえないリストに名前が載ってしまっています。

そのため、審査の厳しい大手の金融会社や銀行のキャッシングは受けることができません。
審査の甘い消費者金融を探してキャッシングをするようになりました。キャッシングの金利は少し高めになりましたが、今回も融資を受けられたおかげで結婚式にも行くことができたので、とても満足しています。

広告に注意

この間、インターネットの広告で「無職でも融資いたします・キャッシングOK」という広告を見かけました。
収入が無くてもお金が借りられるというのは本当なのか?とても疑問に思いました。

私も消費者金融を利用したことはあります。もちろん審査を受けて仕事をして収入を得ていることを証明してキャッシングを受けました。
審査自体はとても簡単で、30分もあれば十分なものでした。

その時は、お給料前で急な出費に手持ちがなくてとても困ったので、キャッシングをしようと思いました。
収入があったので、審査に困ることなくキャッシングを受けることが出来ましたが、収入が無い人はどうするんだろうと思っていたので、広告を見て収入が無い人でもキャッシングができるんだなと思いました。

しかし、よく調べて見たらちゃんとした金融機関はやはり収入がないと借り入れは出来ないらしいのです。
収入が無いのに借りられるという金融機関はとても怪しくて、金利が膨大な闇金である可能性があるので、借りないほうが無難だと思います。

審査が甘い消費者金融もあるとは思いますが、やはり収入があって、計画的なキャッシングが重要だと思いました。
広告に騙されると酷い目にあいそうなので、現実的な目で見つめていきたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ