母親の背中を見ていると、お金について考える

大人になるに連れて、自分のあるべき将来のために、お店を開業したり、家を建てるにあたって、債務整理をしりお金を借りることが、重要です。

二つとも、きっとお金を借りて分割で支払わなければいけないと思いますが、借金は、頑張って働いてこそ返せるものなのです。わたしは、失敗したって良いと思うんです。

だって、頑張ろうとして失敗したわけだし、失敗は取り戻せるものだって信じているからです。
いまや、共働きの時代。
大黒柱なんて必要ないと考えています。

女性だって強さを発揮できるんだって、世の中見返したくなるくらいです。

ちからをあわせて乗り越えるからこそ家族、そして夫婦だと思います。女が稼ぎ頭だっていいんです。わたしはキャリアウーマンだから、専業主婦は絶対いやです。

それでなくても、いまや、副業すらやっているんです。働くことは、恥ずかしいことではない。胸を張ってやっていいと思うんです。もし借金があるのなら、私だって協力したい。働いてお金を稼ぐって、大切なことだと思います。

今後、美容師としてどうするか

そしてなにより、個性を活かしてその人自身が輝ける場所というのは、仕事の中だからこそなのです。学生時代には感じなかった感情が今わたしのなかでもたくさん溢れているのです。

自分の仕事わたしは、いま、美容室ではたらき、美容師をしています。人を喜ばせてこそ、自分の仕事の価値観を知ることになります。
実は、実家も美容室なのです。跡継ぎを考えて始めましたが、私に母の代わりは勤まりません。
キャリアがまったくちがうし、信頼して何十年も来ているお客様は、母が好きで来てくれています。信頼関係が成り立っているからこそ、いま実家の美容室は経営が成り立っているんだと思います。

しかし、そんな人たちにわたしは幸せを届けることはできません。実家もまだまだ立ち上げた店の借金があります。債務整理をしてまでお金を借りることはしたくありません。

私の母の代わりになれないことが残念ですが、今私の勤めている店に、居心地のよさを感じてしまっているのです。

お互いをささえあっていきていきたい仲間がいるのです。人の上にたつより、限られたお金と時間のなかで、前にすすみたいのです。昔から自分に自信のないわたしは、今がほんとに修行のきかんなのです。もっと前に進みたい。そんな気持ちがあるからこそ、独立は今のところ考えていないのです。

ずっと母の背中を追ってきましたが、まだまだ自分に自信なんて持っていないです。いつかは母の遺志を継いで切り盛りしていきたいと思います。

お金を借りる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ